障害福祉サービスセンター

基本方針

  • 人が生まれながらに持っている尊厳を保持し変化の可能性を信じること
  • 安全・安心を最優先に、元気な笑顔で活動できること
  • 表面的な出来事や行動のみにとらわれることなく、その意味を想像し、思いに寄り添い、意思決定を支援すること
  • 自己主張と協調性をもってかかわり合えること
  • 互いに学び、支え合い、喜び合える互恵関係であること
  • 気づいた人が責任者の気持ちで発信すること

施設概要

日中活動系サービス
(障害者総合支援法)
多機能型
定員60人(生活介護(定員20人)、就労継続支援B型(定員40人))
主たる対象者
18才以上で知的障害の方
利用日
月~金(ただし、第2土曜日と祝祭日は営業)
サービス提供時間
9:00~16:00

事業内容

サービス種類 活動内容
生活介護 介護又は生活訓練など必要な支援を行うとともに、創作的活動、レクリエーション又は生産活動の機会を提供します。
※送迎あり
〈主な活動〉
パズル、カレンダー製作、カラオケ、ドライブ、ぶどう狩り、動物園散策など
〈主な生産活動〉
清掃作業、ウエスたたみなど

浴室清掃

就労継続支援B型〈非雇用型〉 働く場を提供し、仲間と協力して働くことをとおして、
作業知識、技術の向上のために必要な訓練を行います。
※特別支援学校卒業者等の利用にあたっては、まずは就労移行支援事業を利用し、
一般就労等の可否の見極めが必要です。

〈主な生産活動〉

軽食喫茶、菓子・パン製造販売、クリーニング、
ウェルビューいずみ館内清掃、ウエスたたみ、
紙工作業
施設外就労(千秋公園、秋操近隣公園トイレ)、泉コミュニティセンター、
泉語らいの家等の清掃作業

 

喫茶

菓子製造

日課

生活介護 就労継続支援B型
9:00 来所、送迎、生産活動 9:00 朝の会、作業開始
10:00 朝の会 検温・水分・トイレ誘導体操
午前の活動
12:00 昼食、歯磨き
11:20 昼食準備、昼食 13:00 ラジオ体操 作業開始
13:00 午後の活動 15:30 作業終了 帰りの会
14:30 ティータイム準備・ティータイム 16:00 帰宅
15:00 帰りの会 送迎
16:00 帰宅

※午前、午後に15分程度の休憩あり

サービス利用の手続きについて

1.サービスの利用を希望する方は、市町村の障がい福祉課に申請します。

2.障がい福祉課は、申請者(利用者)に、「指定特定相談支援事業者」が作成する「サービス等利用計画」の提出を求めます。

3.申請者は「サービス等利用計画案」を「指定相談支援事業者」で作成し、市町村に提出します。

4.障がい福祉課の調査員が、申請者の心身の状況等の聞きとり調査を行います。

5.障がい福祉課は、提出された計画案や調査結果をふまえ、支給決定します。

6.申請者は、障がい福祉課から「障害福祉サービス受給者証」の交付を受けてから、サービス提供事業者と契約書を交わし、サービス利用を開始します。

※サービス利用についてのお問合わせ先:秋田市障福祉課(TEL:018-866-2093)

※サービス内容・利用料金等についてのお問合わせ先:ウェルビューいずみ障害福祉サービスセンター(TEL:018-896-6277)